経済は政治と金融に密接に結びつく

経済というのは、様々な要素がからみ合って形成されています。何か1つの要素が変われば、それに合わせて経済全体が変動することになるでしょう。そんな経済において、特に重要な役割をになっているのが金融と政治です。では、金融がどのように関係するのかについて見てみましょう。金融において特に大きな影響を与えることになるのが、中央銀行による金利設定です。日本の場合は日本銀行の金利設定が日本全体の経済に影響を与えることになります。

基本的に中央銀行は景気の行き過ぎを防止するような方向で金利設定を行います。デフレを抑えたいのであれば金利を下げて皆がお金を借りやすくするようにし、逆にインフレを防止するためには金利を上げてお金を借りにくくします。中央銀行の金利はそのまま他の銀行の金利に直結することになるため、影響が大きいわけです。

こういった金融政策を考えるのも政治の仕事の1つです。実際、リーマンショック直後には麻生政権が迅速な対処を行い、日本における影響を小さくすることが出来ました。その後は厳しい情勢が続いたものの、第二次安倍政権によるアベノミクスによってまた再び経済が上向きに戻ってきています。そのため、政治に合わせて投資を行うことも出来ます。

This entry was posted in 日経. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>