かつて日経平均はマクロ経済や金利の動向のバロメータだった

日経平均株価指数のような株価のインデックスは経済のバロメーターと呼ばれていた時代もありました。

株価と言うものは企業業績や企業活動に影響されて変動します。
例えば大口電力の消費や鉱工業生産指数が上昇すれば企業が重要の増加を見込んでおり景気が良くなると予測していると言うことを表しています。

投資家はこれから企業業績が向上し、また配当が増えると期待するので株式市場全体での買い注文が増えて株価が上昇します。
大口電力消費や鉱工業生産指数は景気動向指数の一致系列のデータにもなりますから日本国内の景気動向と日経平均などの株価指数は理論的には連動します。

実際、過去にはそのような時代がありました。
景気動向は金利水準にも影響します。
景気が過熱している時には日本銀行は公定歩合を上げて金利を高めに誘導し、企業の投資需要を抑えてインフレを抑制しようとするでしょう。
逆に景気が停滞している時には公定歩合を下げて金利を低い水準に誘導し企業の投資活動を刺激し景気回復を前倒しにしようとするでしょう。
理論的に言えば国内のマクロ経済の動向と日経平均などの株価指数、それに金利水準は同期的に循環するものです。

数十年前まではこれらのインデックスは現実にも同期して変動していたので景気動向を見極めるのには重要な指標となっていました。しかし80年代ごろよりコンピュータオンラインの急速な発展普及によって経済・金融のグローバル化が進展し、日経平均などの株価指数と日本国内の経済動向、あるいは金利水準とは必ずしも同期して変動しないようになってきました。

例えば昨年末からの日経平均の急落傾向も日本経済内部にその原因を見出すのは難しいでしょう。
2016年に景気回復を牽引していた設備投資がピークアウトになると言う期待も存在していましたが、それではこのタイミングでの株価の落ち込みは説明できません。

この株価の落ち込みは中国経済やヨーロッパ経済の減速に影響を受けたものだと言われています。
このように現在では日経平均などの指数は日本国内の景況とは関係なくグローバルなマネーゲームに影響されて変動するようになっています。

Posted in CFD | Leave a comment

日経平均に海外投資家が資金を入れる理由

日本の株式市場では投資家が政治の状況などを判断しながら投資を行っていきます。
日経平均株価が激しく乱高下していく状況もありますので、常に投資家も状況を見極めていく必要があります。
日経平均株価においては資金を海外の投資家も入れてくることがあり、値動きの幅といわれているボラティリティも大きくなっていくことで、投資家の間で知られています。

しかし日経平均株価が時に乱高下してしまう理由というのは、一体何なのでしょうか。
答えを探していく中で日経平均株価というのは大きな欠陥を抱えていることがありました。
そして株価指数も機能していないことがあり、その欠陥をつき海外投資家であったり、ヘッジファンドなどが投資を行っています。
これが時に日経平均が乱高下していく理由となっているのです。
日経平均株価というのは東証へ上場している銘柄の中から、代表的な225銘柄から構成しています。
TOPIXというのは東証で上場している全ての銘柄の平均値と異なっています。
またみなし株価を使っていることもありますので、構成比率も非常に偏っている状態となっている指数になっています。

日経平均株価における構成割合を見ていくと、大手企業が10パーセント以上を占めている状態となっており、東証の全ての上場銘柄の2パーセントにもなっています。
僅かではありますが、日経平均株価をコントロールすることも可能となっています。
ここを利用してヘッジファンドなどを活用している外国人の投資家によって利益を狙ってきています。
株価が大きく動くようであれば、日経平均株価も変動していきます。

資金流入が激しくなっていくことによって、一気にトレンドも変わっていくことがあります。
海外のヘッジファンドなどが、利益を狙う対象として活用する指数となりますので、便乗しながら投資を行っていくことが重要となります。
そのためにもベンチマークなどを判断しながら、投資を進めていくようにしましょう。

Posted in 日経225 | Leave a comment

幅広い情報を元にした投資ができる

初めて投資を行う人は、ユーティリティに優れた方法で投資を行うべきです。特に投資の前に情報を分析することが出来る方法を利用するのが良いでしょう。そうすることで、もし投資が失敗したとしても、どこの情報分析が間違っていたのか、ということを学ぶことができるためです。もちろん投資について分かってきたら、こういった情報を元にしてプランを立てることができるようになります。それでは、そういったことに利用できる方法としてどのようなものがあるでしょうか。

ここではその1つとしてくりっく株365について紹介します。東京金融取引所によって行われている取引所CFDであるこのシステムを利用すると、様々な情報を閲覧しつつ投資を行うことができるようになります。例えば日本の株式相場を代表するチャートである日経株価指数などが代表的です。これを見ることで、日本全体の景気状況がどうなっているのかを把握し、投資に活かすことができるでしょう。

くりっく株365では、その他にもドイツの株式指数であるDAXや、イギリスの株式指数であるFTSE100なども閲覧することができます。世界情勢が経済に対して与える影響も考えながら投資プランを考えることが出来ます。

Posted in 日経 | Leave a comment

政治の動きと日程の動きの連動

投資を行うのであれば、投資の対象となる「チャート」がどのようにして変動するものであるのかを知っておかなければなりません。例えば株式投資の場合、投資対象となる会社の業績だけがチャートを変動させている要素ではないということです。その他に様々な情勢があり、それらが絡みあった結果で最終的にどのようにチャートが変動するのかが決まります。特に大きな影響を与えることになるのが、政治でしょう。

政治1つで、経済の情勢は大きく変化することになります。例えば雇用についての政治決定があれば、それによって影響を受ける企業の株価が上下することになるでしょう。派遣関係の規制が行われるにつれて、派遣比率の高い企業の今後が危ぶまれる、というようなことが起こるわけです。

政治や世界の情勢などは、日経平均株価指数などに対して大きく反映されることになります。特に政府による経済方針によって日経は大きく影響を受けることになるでしょう。アベノミクスのような経済方針を打ち立てて様々な経済支援策を行うようにすると、現在のように日経は高くなっていきます。逆に、デフレ状況下で何もしないようなことになれば、日経は低迷を続けることになるわけです。日経の動きについては日経225チャート.comを見ると分かりやすいでしょう。

Posted in 日経 | Leave a comment

世界の事件が日本のチャートに影響を与える

経済というのは、1つの国だけで完結しているものではありません。世界との関係の中で形作られるものであるため、日本国内での投資を行う場合も、世界の動きに注目しなければならないでしょう。では、どのような世界の出来事が日本のチャートに影響を与えることになるのでしょうか。過去の例を見ながら紹介します。

ここ十年で最も大きな波及が起こったのは、「リーマンショック」です。これはリーマン・ブラザーズというアメリカの証券会社が倒産したことによって、様々な会社が連鎖倒産を起こしたという事件です。これにより世界中が同時株安に陥り、日本もその例外ではなく影響を受けることになりました。幸いにして経済に強い政権が直後の対応にあたったため致命傷にはならなかったものの、その後数年に渡って厳しい経済状況が続いたことは事実です。

この他には、「ギリシャ危機」も世界経済に対して影響を与えるものとなりました。これはEUによる緊縮策を受け入れるか否かでギリシャが揺れている中で起こったものです。これにより、EU全体の信頼が揺らぎ株価が落ちるという事態になりました。現在でもギリシャ国債は高い金利になっているなど、リスクが高い状態が続いています。

Posted in 日経 | Leave a comment

テクニカル投資の基本は情報収集

投資を行う場合には、様々なテクニックが存在しています。このテクニカル投資をうまく利用することができれば、通常の投資よりも更に効果的な投資が行えるようになるでしょう。テクニカル投資を行うために欠かすことが出来ないのが、金融の情勢を読み取る力です。今後どのようにして金融の情勢が変わっていくのかを把握することができれば、その後の投資を成功させることが出来るでしょう。しかし、事前に完全な情報を取得していたとしたら、それはインサイダー取引になってしまいます。そうではなく、あくまでも自分で予測して投資を行う必要があるわけです。

例えばその方法の1つとして、チャートを利用した投資があります。チャートにも幾つかの種類がありますが、代表的なものとして日経平均株価指数が挙げられます。これは日本の主要株式225の平均株価を示しているもので、日本全体の株価がどのように動いているのかを把握するための指標として利用することができます。これに合わせて投資を行っていれば、投資先に個別の問題がない限りは大きく市場から外れた投資になってしまうことはありません。

その代わり、利益もそこまで大きなものとはならないでしょう。安定投資の方法の1つとなります。

Posted in 日経 | Leave a comment

経済は政治と金融に密接に結びつく

経済というのは、様々な要素がからみ合って形成されています。何か1つの要素が変われば、それに合わせて経済全体が変動することになるでしょう。そんな経済において、特に重要な役割をになっているのが金融と政治です。では、金融がどのように関係するのかについて見てみましょう。金融において特に大きな影響を与えることになるのが、中央銀行による金利設定です。日本の場合は日本銀行の金利設定が日本全体の経済に影響を与えることになります。

基本的に中央銀行は景気の行き過ぎを防止するような方向で金利設定を行います。デフレを抑えたいのであれば金利を下げて皆がお金を借りやすくするようにし、逆にインフレを防止するためには金利を上げてお金を借りにくくします。中央銀行の金利はそのまま他の銀行の金利に直結することになるため、影響が大きいわけです。

こういった金融政策を考えるのも政治の仕事の1つです。実際、リーマンショック直後には麻生政権が迅速な対処を行い、日本における影響を小さくすることが出来ました。その後は厳しい情勢が続いたものの、第二次安倍政権によるアベノミクスによってまた再び経済が上向きに戻ってきています。そのため、政治に合わせて投資を行うことも出来ます。

Posted in 日経 | Leave a comment